« 「蜉蝣峠」を観てきた | トップページ | 卯月 »

2009年4月10日 (金)

アニメ版「花咲ける青少年」第1話を見た

 娘の入学式がらみで録画を再生する余裕がなかなかなく、1週間近くたってようやくアニメ「花咲ける青少年」の録画チェック。
「タイトルが好みじゃないから見ない」
と言ってた娘も何故か一緒に見る^^;

 冒頭。
 幼い花鹿&少年の立人&ムスターファの回想場面から始まるのですね。

「恋愛物法則遵守が来た!」
と思って笑いました^^;

 私が呼ぶところの恋愛物法則。
 複数のいい男が出る物語において、ヒロインが恋愛する場合、最終的に恋愛関係で終わるのは最初に登場した男であるべし。
 その方が、読み手は無用なイライラを抱えずにすむし、物語の全体構造を考えてもおさまりがよく見えるし。

 昔の少女漫画や少女小説はあまりそういった順番へのこだわりがなかったものが多かったような気がするけれど、最近の少女物は順番を意識しているものが多いですよね。昔に比べて読者がせっかちになっているのか?有吉京子の「SWAN」みたいに、真澄が最終的にくっつく相手の登場がコミックスにして8巻あたりだったなんて、今の漫画じゃあまりできなさそう。いがらしゆみこの「キャンディ・キャンディ」はその点法則遵守ではあったのか。私は、コミックス3巻で登場した男と最終的にうまくいってほしかったけれどね。

 アニメ版「獣の奏者エリン」でイアルを早めにエリンと会わせたのは、イアルをトムラよりも先に出しておきたいと制作者の誰かが考えたんだろうなと思ってる(笑)

 まあそんなこんなで、アニメ版「花咲ける青少年」の冒頭場面を見て、
「恋愛対象外だけど顔が可愛い寅之助を最初に登場する男性キャラとせずに、立人を先に出しておく必要があったのかな」
と思って笑ってしまったわけなのでありました。

 オープニング映像は好みじゃない^^;
 音楽は全般に、この後放映されるグイン・サーガの方がいいものが多かったような気がする。

 立人とハリーはもっと渋めの声が好みかな。
 特にハリー。山寺宏一ボイスあたりが希望だった私。彼の声ならかっこよくて渋みもあるし似合ってたと思うんだけどなあ。(「OZ」のネイトの声とか素敵だった☆)

 ところで、夫さがしゲームの話をハリーが花鹿に持ち出した時、見ていた娘が私に聞きました。
「それって、夫候補の男が花鹿を好きにならなかったらどうするの?」

「あ、そのへんについてはこれから語られるから」
と娘に答えたのだけど・・・・・・・・・・・・・三人とも花鹿を選ばなかった場合どうするかといった問題については語られなかったじゃないか?^^; 立人の
「花鹿を得られるなら・・・・・・すべてを捨て去るという男は今に大勢出てくるでしょうね」の台詞をここで抜いてしまっていいのか?
 
 さて、次回はユージィン登場ですか。フェロモン漂わせる声であってほしいものだけど、どうなんだろう。

 展開が早いから、途中オリジナルストーリーもいろいろ入ってきそうだけど、どういう作りになってくるのか楽しみ。

|

« 「蜉蝣峠」を観てきた | トップページ | 卯月 »

コメント

録画はしたけどまだ見てないです。
グインサーガは見ているのですが……

法則に受けました~
うんうん、確かにそんな感じです。
キャンディ・キャンディはテリィも好きでしたが。
アードレー一族は必ず「ア」が付くので、アルバートさんも怪しかったですし、それが実は金髪となれば!

SWANは私も最初の頃、草壁さんが京極さんよりも真澄を選ぶ、と思ってました。
そう、エースをねらえのように!
そーゆー意味では衝撃的でした。

現在活躍中のバレリーナの中には何人も、SWANがきっかけだった、という人がいるのがすごいです。

投稿: ネーマ | 2009年4月21日 (火) 00:15

SWANは法則通りならセルゲイエフ先生だったんだろうなと思いながら読んでました。草壁さんの方が登場頁ははやいけれど、セルゲイエフ先生登場はほぼ同時期なので。草壁さんは後半は完全にその他キャラになってしまっていたのもびっくりでした。短期連載だったら草壁さんでまとめるつもりだったところが人気が出て長期化して好きなように描いていいということになったあたりで作者の気がかわって構想も大きくかわったということなんでしょうね、きっと。

 アニメ版グイン・サーガでナリス様が早々と登場したのも、早く出しておかないとヒロインの相手と視聴者に印象付けるのが難しいと制作スタッフの誰かが考えたのかも。あの出し方は間抜けな失敗だったような気がしましたが・・・・・・。

投稿: るんせる | 2009年4月25日 (土) 22:26

ああ、連載が長くなったからの路線変更はあったかも。

グインのナリス様登場シーンについては某掲示板でも見事な落ちっぷりが話題になってました。
あれはフツー死んでいるだろう、とも。
原作を知らない人には、あの人は何の為に出てきたの? 状態でしたし。

青少年、思っていたよりも面白いかも? と思って見てます。
それより楽しみなのは火曜に再放送している電脳コイルだったりしますが。

投稿: ネーマ | 2009年5月 7日 (木) 21:47

 まだ始まってまもないのに、もう花咲ける青少年未視聴分を2話ためてしまいました。なんとなくグインの方を先に消化してます。紅の傭兵と呼ばれていた頃のイシュトが懐かしかったりして。
 アニメ版ナリス様はまともな再登場シーンを用意されているのかしら。そして、今のアニメ視聴者世代や若い人には彼の行動はどういった受けとめられかたをするのかな。

 花咲ける青少年は今のアップテンポだと確実にオリジナル展開やエピソード補強があるんでしょうけれど、そこをうまく乗り切れるかどうかが勝敗の分かれ目かなという気もします。

投稿: るんせる | 2009年5月13日 (水) 07:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アニメ版「花咲ける青少年」第1話を見た:

« 「蜉蝣峠」を観てきた | トップページ | 卯月 »