« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

12月に読んだ本(物語以外)


大野更紗「困ってるひと」(ポプラ社)

 中島岳志さんが書いた朝日新聞の書評を読んで興味がわいたので図書館で借りてみた本。

 どういう経緯で本になったのだろう?
 ポプラ社というのは、私にとっては不思議な会社で、妙な児童書を出版している所という印象。中には良書もあるようなのだけど、きらびやかに可愛い変なインパクトの表紙がついていて顧客確保が中途半端になっている所っていう感じがするんだな。児童書以外の分野にも手を出しだしているけれど、水嶋ヒロの売り出し方とか、頭悪そうというかお金への固執が見えやすいというか。

 上智大学の学部時代、院生時代、ビルマの難民支援を自分の生きる道を考え始めていた著者を突然おそう難病。著者は自分自身が、援助されなければならない≪難民≫の状況に陥ってしまう。

 友人に頼ることの難しさをとても素直に語る著者。「できることがあったら、何でも言ってね」という100%の誠意に、とても素直に甘えて頼る著者は、とても素直にその好意に甘える。幸せだ・・・・・。そして、失敗するのだ・・・・・。お友達は正直に、甘えられることの負担感を語る。著者は、学部時代の卒業論文のテーマ「援助は誰のものか」がまさに現在の自分の状況と同じであることに愕然とする。援助は難しい。援助し続けることは一時的凌ぎとはなっても、援助される側の苦境の根本的原因を取り除くことは出来ない。最も周辺化され、最も援助を必要としている人びとにとっての最良の支援とはなに?

 著者は、自分が援助する側であった時を思い出そうとする。その時、難民である友人たちはどういう姿勢であったか?援助する側である著者に対して、過度に期待したり求めたりはしていなかった。ひるがえって、病人である自分は、助けてくれようとする友人たちに過度に甘え、頼り、そして友人たちは離れていった。100%自分を投げかけて誰かを頼ることは出来ない。友人も、先生も、両親も、それを重く思い離れていってしまう。そして残るのは孤独感。
 そんな時に突然、恋愛感情という変化、ずっと熱心に親身にたずさわってきてくれていた主治医の先生の心無い一言に出会い、著者は、ずっと入院していた病院を出て外で生活することを真剣に考え始める。 
 まだこれから第二章、第三章が待っている、若い女性の生きてきた第一章。
 当たり前の大変さが、コミカルに真面目に語られ続ける。

 序盤で、上智でインドネシアについて教えていた村井吉敬先生について軽く語られていた。なんとなく笑ってしまう。私、学生時代に、村井先生の授業・語りを聞きたくて上智まで足を運んで行ったことがあるのだけど、その当時と全くおかわりなさそうで。当時は、「バナナと日本人」「ナマコの眼」で有名な鶴見良行さんもご存命で、お二人の授業には、他大学の学生さんが結構潜り込んでいて、そういった学生さんを非常に熱心に受け入れる先生達であった・・・。やはり、上智でNGO活動に関心を抱いていたら、足を運ぶ先は村井先生の所なのね。若い頃はイケメンだったんだろうな、という大野更紗さんのコメントに頷く私。うん、私、村井先生をはじめて見た時、わーい、好みのタイプだなあとか思ったもんでしたわ(~_~;)


○福島みずほ対談集(論争社)

 対談相手は、鎌田慧 田中優、鎌仲ひとみ、浜矩子、内田樹、佐藤優、西山大吉、田中優子、田辺聖子、やなせたかし、湯浅誠。

 いろんな立ち位置の人、中には福島みずほとは全く異なるのではないかといった立ち位置の人がいるけれど、そうした人達の意見や思いを謙虚な姿勢でひきだしていく福島みずほの語りが面白い。世の中での彼女の嫌われ方は、フェミニズムの立場にいる人はこんな人といった安易な批判の遡上に彼女がのりやすいタイプに見えるからかなあ、と思うだけに、こうした彼女の見え方は面白い。まあ、フェミニズムに対する世の断じ方の方がそもそもは一方的でばかばかしい斬り方であることがしばしばだったりはするわけだけど。


○島崎今日子「<わたし>を生きる 女たちの肖像」(紀伊国屋書店)

 「アエラ」の『現代の肖像』の頁で書かれた、各界でエネルギッシュに動く女性への取材記事がまとめられた本。山田詠美、夏木マリ、萩尾望都、上野千鶴子のものを読みたかったので、借りてきた。
 山田詠美についての一文がうまい。こんなに短い文でここまで的確に彼女を語れるのがすごいな。

「硬質な文体はセックスを描いてもエロとは遠く、物語は感情と関係に収斂される。」

 萩尾望都の記事で著者が一番力を入れているのは多分、親との関係への絶望や萩尾望都が女性であることによってずっと味わい続けてきた閉塞感なのだろうけれど、私はその部分よりも、自己模倣を自身に対して禁じた萩尾望都の創作者としての決意に関する描写に惹かれる。
 上野千鶴子に関する文章では、彼女が人から「なぜあんな人を推薦するのか」と非難されても、頼まれれば推薦文や推薦状を書くことを断らない、自分自身が手に入れた権力を積極的に使って女たちに手を貸して人を育ててきた、ということへの上野千鶴子が持つ誇りや生き方の選択に言及しているあたりに惹かれる。


○図書館で借りて読んだ本
●購入して読んだ本
◎図書館で借りた後に購入手続きした本

| | コメント (1)

2011年12月29日 (木)

12月に読んだ本(物語)

 新刊の書籍をあまり読まない月だった・・・・・。
 スケジュール的に絶対受かりそうもない資格試験に向けたお勉強やら、既に読んだ本を読み返すやらをしていたら、こんなことになっていた。図書館への予約が詰まっていて、今月は読む本がまわってこなかったというのもあるかも。娘の学習参考書の購入が続いたりしたので、書籍代自体は結構出費がかさんでたりする。変な感じ。1月上旬までに図書館に返却しなければいけないのにまだ読んでいないという小説が何冊もあるので、来月はもうちょっと読むことになりそう。満足感につながるかは謎な小説の類を(-_-;)
 

○前田珠子「破妖の剣6 鬱金の暁闇10」(集英社)

 本編よりも、番外編の短編「アトラトの夢」の方が、ラエスリールと闇主の甘々じれじれを楽しむには良いかも(笑) ラスに対して好き勝手にしているようでいてどこか突っ切れずにいるままの闇主に対して笑いがとまらない。


○図書館で借りて読んだ本
●購入して読んだ本
◎図書館で借りた後に購入手続きした本

| | コメント (0)

2011年12月28日 (水)

2011年観劇散財記録

1月
銀河英雄伝説 第一章 銀河帝国編
十二夜
宝塚宙組公演「誰がために鐘は鳴る」
時計じかけのオレンジ

2月
エディット・ピアフ
LOVE LETTERS
ゾロ ザ・ミュージカル
愛と青春の宝塚
○宝塚雪組公演「ロミオとジュリエット」

3月
わが町
国民の映画
宝塚宙組公演「記者と皇帝」

4月
CLUB SEVEN 7th STAGE

5月
○私の頭の中の消しゴム
レ・ミゼラブル
港町純情オセロ

6月
リトルプリンス
MITSUKO
風と共に去りぬ

7月
三銃士

8月
宝塚宙組公演「美しき生涯」「ルナロッサ」。
三銃士
三銃士
宝塚宙組公演「ヴァレンチノ」
三銃士

9月
ロミオ&ジュリエット
ロミオ&ジュリエット 
髑髏城の七人
◎髑髏城の七人

10月
アントニーとクレオパトラ
Piaf
隠蔽捜査
果断-隠蔽捜査2-
詩人の恋

11月
ニューヨークに行きたい!!
宝塚花組公演「カナリア」
江戸の青空 弐

12月
宝塚宙組公演「クラシコ・イタリアーノ」「NICE GUY!!」
GOLD

◎娘と一緒
○友達と並んで
●観劇遠征

 今年は観劇がいつもの年よりも少な目であった。40公演に達してない!!!
 宝塚観劇を控えめにすると、こんなことになってしまうんだなあ。
 といっても、一応私の目標は「1か月3公演まで」なので、今年も微妙に目標回数は超えてしまっている年なのであった。さて2012年はどうなりますやら。

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

décembre

 わー、ふと気づいたら全然ブログ更新してないじゃないですか。
 12月をフランス語で表記するとどうなるかのメモくらい残しておかないと。
 来年はスペイン語にしようかな。
 11月に書きかけていてまだアップロードしてない文章については後でこっそり11月のところに入れておきます。そんなに多くはないかな。本の感想とか江戸の青空とか映画の三銃士とか超短期入院しちゃいました記録とか、そんな程度。

★今月の観劇

 見事に有楽町方面ばかりでの観劇♪ 
 帰りにキャトルレーブに寄って、「オネーギン」と雪組版「ロミオとジュリエット」のDVDでも購入して帰ろうかしら。と、散財計画中。でも、今月になってから既に、ブックオフオンラインで中古書籍に既に1万を超える出費をしている私・・・。
 来年の観劇はじめの観劇は、多分「ボニー&クライド」。

宝塚宙組公演
 ゆひすみコンビ目当て。脚本を読むためにル・サンクは既に買ってあるけれど、まだ読んでない。

8人の女たち
 出演者がえらく豪華なのでチケットとってみた。
 WOWOWでの生中継があるとやらで、チケット買わなくてもよかったかなあ、とか少し後悔しかけたけれど、スケジュールをよく見てみたら、WOWOW生中継日はスケートの全日本選手権とかぶってるから、どのみち見られない日なのであった。

GOLD
 今年最後の観劇。歌声が楽しみな出演者達。

 
★今月買う本・漫画

樹なつみ「花咲ける青少年 特別編」2巻
田村由美「7SEEDS」21巻


 本の購入予定がスケジュール帳に記載されてない・・・・・。
 こういう月は本来は、書籍代を節約すべき月なのだけど、大概そんなことにはならず、月の終わりにチェックすると、ここにはあげていなかった本が本棚にあるという事態になる。実際、この文章の頭の方に、それらしき内容が・・・・。先月の購入予定には入っていなかったはずの「名曲解説ライブラリ」のシリーズ(音楽之友社)も、今月に入ったら何点か本棚に新しくおさまってるし。まあ、古本屋で発見したら少しずつ買い集めていこうと考えていたシリーズではあるけれど。

★今月見るテレビ番組

造花の蜜
フィギュアスケート全日本選手権

 美女・檀れいが好きなので、ドラマ「造花の蜜」は楽しみなのだ。彼女の演技って、貞淑なタイプの女性よりも、哀しい女性、悪い女性を演じる際に一番魅力が出ると思うのだ。宝塚退団後の檀ちゃんにはあまりそういう女性の役が来ず物足りなかったのだけど、ここで一気に逆転?嬉しいなあ。

 年末に民放で放映されたドラマの集中放映とかあったりするかしら。
 娘が「マルモの掟」を見たがっているので、もし放映されたらチェックしてあげたい。のだけどな。放映当時、私がチャンネル権を確保していて、「JIN」を見ていたのだ・・・・

 フィギュアスケート番組は、ストレスを極力避けるべく、年内の前半戦については、アイスショー、NHK杯、全日本のみをチェックすることにしている。全日本も、女子については実況・解説がストレスなんだけど、今年以降は地上波アナログ放送から地上波デジタル放送への強制移行のおかげで、あのストレスフルな実況を聞かずにすむかな?(笑) 

| | コメント (4)

2011年12月 9日 (金)

年末に読んだ漫画

 11-12月に買った漫画の感想をまとめて記載。

●小花美穂「HONEY BITTER」(7) (集英社)

 珠里が過去の恋人・吏己と正面から向き合う巻。何か事件が起きそうな予感を漂わせつつそれは次巻以降に持ち越し。最終頁を見る限りでは、次巻では珠里と陽太にも何か異変が起こってきそう。いよいよ、吏己の件が陽太にばれる時がくる!?

 巻末に、雑誌に掲載された、DEEP CLEER発売記念漫画が掲載されている。掲載無の可能性もあるかなあ、と思い、雑誌を切り抜いてあったんだけど、心置きなく切り抜きを捨てられそうでほっとした。


●樹なつみ「花咲ける青少年 特別編」(2) (白泉社)

 ハリー編とルマティ編。
 ルマティにはさっぱり興味が無いんだけど、ルマティ編の「青皇に庭」はとても面白かった。「八雲立つ」以降、樹なつみ漫画は輝きを失ったと思っていたんだけど、普通に面白いじゃん?というか、ある意味、本編よりも面白かったりして?
 物語を動かしているのは、この中編のみ出演のせこいチョイ悪役青年ジニアス。上昇志向が強すぎて結局挫折してしまう少年。悪役をはるなら、もうちょっと頭が良ければいいのに。クインザと話す際にうっかり、クインザの弟である上司セザンを呼び捨てにしているあたり、頭悪すぎ。ルマティづきの人数の少ない青少年たちの葛藤の上に、輝ける少年ルマティ王子と彼に悪を見せまいとする忠実なるクインザがいる。悪役のせこさが、この二人の清々しいほどの雰囲気を強調してくる。
 ハリー編の「Inocence」は、若かりしハリーとその妻となる前のキティの恋物語。ハリーから女好きの部分をとったら立人かも、といったような性格だな、これは。
 最終巻である次巻には大トリで立人が登場するのだそうで、これはとても楽しみだ。でもお願い、花鹿を下手な描き方することによってテンション下げないでね。作者は男は魅力的に描けるけれど、女性キャラについてはいつもあまりうまくない。今回、キティも特には・・・・。


●田村由美「7SEEDS」(21)(小学館)

 船上で危機に陥っていた夏Bメンバーおよび夏Aの二人のエピソードにとりあえずは一区切りがつき、行方不明に陥っていた春メンバーの花の物語に移行。人間の集団の物語として繰り広げられていた7SEEDSの物語が、花がたった一人になって動いていることもあり再び、他の動植物との戦いをも交えたサバイバルの物語になる。
 花はあまり好きなキャラクターではないのだけど(自分を美人と自覚・認識できている状態で他者と接しているあたりとか・・・)、こういうサバイバルのエピソードで動かすとなると、やはり花を持ってくるのが一番ぴったりくるものなんだなあ。生きることに執着しながら水を得るために連日努力する姿など。

| | コメント (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »