« 2011年観劇散財記録 | トップページ | 12月に読んだ本(物語以外) »

2011年12月29日 (木)

12月に読んだ本(物語)

 新刊の書籍をあまり読まない月だった・・・・・。
 スケジュール的に絶対受かりそうもない資格試験に向けたお勉強やら、既に読んだ本を読み返すやらをしていたら、こんなことになっていた。図書館への予約が詰まっていて、今月は読む本がまわってこなかったというのもあるかも。娘の学習参考書の購入が続いたりしたので、書籍代自体は結構出費がかさんでたりする。変な感じ。1月上旬までに図書館に返却しなければいけないのにまだ読んでいないという小説が何冊もあるので、来月はもうちょっと読むことになりそう。満足感につながるかは謎な小説の類を(-_-;)
 

○前田珠子「破妖の剣6 鬱金の暁闇10」(集英社)

 本編よりも、番外編の短編「アトラトの夢」の方が、ラエスリールと闇主の甘々じれじれを楽しむには良いかも(笑) ラスに対して好き勝手にしているようでいてどこか突っ切れずにいるままの闇主に対して笑いがとまらない。


○図書館で借りて読んだ本
●購入して読んだ本
◎図書館で借りた後に購入手続きした本

|

« 2011年観劇散財記録 | トップページ | 12月に読んだ本(物語以外) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2011年観劇散財記録 | トップページ | 12月に読んだ本(物語以外) »